夫婦で毎朝ジム通い!半年間続けてわかった3つの意外なメリット

2020年1月24日

こんにちわ、アザラスです。

2019年の7月からダイエットをしようと夫婦でフィットネスジムに通いをはじめました。

半年間ほぼ毎日続ける中で、いろいろと気づきがありましたので書いてみました。これから夫婦でジム通いを考えている人の参考になればと思います。

ちなみに我が家は夫婦共働きで、子供はいません。

夫婦でジム通いするに至った経緯

せっかく買ったロードバイクをほとんど使わず放置

学生時代は体育会系の部活動に入っていましたが、根が文化系気質なアザラス。社会人になってからというもの、ほぼ運動をしない生活を15年以上続けてきました。

とは言っても、体重が激増したりしていた訳ではないんですよ。むしろ、ほとんど変わりません。

しかし、バスルームの鏡で後ろ姿を見て悲しい気分に・・・。
学生時代に貯めた貯筋(若い頃に作った筋肉のことを”貯筋”というそうです)もほぼほぼ使い果たし、代謝量が低下したせいか胸板は薄くなり、力瘤は貧弱になり、自慢のお尻の筋肉もしぼんでしまいました。そのくせお腹とかはぽっこり気味・・・。

ダイエットや健康を兼ねて毎日自転車で走ろうとロードバイクを買ったのですが、今では玄関のオブジェです。

ジム通いが続かなかった妻

一方、妻は以前、どちらかと言えばスポーティーな仕事をしていました。
ところが、転職してからほぼオフィスワークとなってしまい、徐々に体型が気になりはじめます。

ダイエットのため仕事帰りに24時間営業のマシンジム(ジムスタイル24)に通うようになりました。

しかし、忙しくなってしまったことで3ヶ月ほどで辞めてしまいます。

何をやってもトレーニングが続かない・・・

その後も夫婦で試行錯誤は続きました。

  • トイレに行く前必ずスクワットというルールを作る →2週間経たずに消滅
  • 夕飯前に短時間のサーキットトレーニング →1ヶ月経たずに消滅
  • ストレッチだけならできるかも!→効果が薄くやる気続かず

朝7時に夫婦でジムに通う生活へ

ある日、近所にエニタイムフィットネスができました。
エニタイムフィットネスは24時間いつでも利用できる会員制のフィットネスジムです。

妻に一緒に行こうと打診したところ快諾。
今度こそ続けようという決意のもと、エニタイムフィットネスに平日毎朝朝7時にということに決定。

このようなスタイルにしたのは以下のような理由です。

  • 自宅筋トレだと、いつでもできるの逆にサボりぐせがつく
  • 夫婦で時間が合わせられるのは早朝のみ
  • エニタイムフィットネスは24時間営業と基本外履きOK
  • 妻がマシン好き(楽しいらしい)

こうして始まった夫婦での早朝ジム生活。
妻の体調によっては一人で行くこともありましたが、ほぼ通い続けて半年が経ちました。

夫婦で早朝ジム通い生活のメリット

この半年間、夫婦でダイエット目的で始めた早朝ジム生活を毎日続けたことでダイエット効果はもちろんですが、思いもよらないメリットがあったのでご紹介します。

夫婦の会話が変わる

うちはどちらかと言うの仲がいい夫婦だと思います。

平日も録画した番組を二人で見たり、休日も比較的二人で出かけたり家で過ごすことが多いです。

しかし、だいたいどうでもいいアホな話をしている方が多く、中身のある会話は今考えるとあまりしていなかったのかもしれません。改まった話題や今自分が考えていること、将来の展望についてはほとんど話すことはありませんでした。

しかし、二人で朝起きてジムに通う時間は、なぜかマジメな話がしやすい。

「今年はこんなことを勉強したいと思っている」「今度、こんなことに挑戦しようと思っているんだけど一緒にやらない?」など、ちょっとだけ夫婦の日常が変化するような会話が多くなりました。

よく「頭を使う仕事は午前中にすると良い」などと言われます。これは家でも同じことが言えるのかもしれません。夫婦の会話も出社前にするのと、帰宅後にするのでは内容が変わります。

話す側も、受け止める側も、朝の時間は前向きで改まった話をするのに向いていると思います。

もし夫婦間で会話が少なかったり、内容がマンネリ化しているのであれば、是非朝ジムを試してみてはいかがでしょうか。

お互いの体調の変化に気づきやすい

夫婦で朝ジムに通うようになると、普段気づきにくいお互いの体調の変化に気づきやすくなります。

朝ジムに行きすがらストレッチをしながら話をするのですが、体の話題も多くなります。

疲れが溜まっていたりすると「今日はベンチプレスは軽めにしようかな」とか。「最近なんか便秘気味だから、今日はプロテイン減らして食物繊維多めの夕飯がいい」とか、体に関する話題が自然と出てくるのです。

筋トレはBCAAを摂取するなど栄養補給にも気を配らないと風邪をひきやすくなったりするので、お互いの食べ物にも敏感になりました。

ちなみに私はだいたい毎日ある程度決まったメニューを少しづつ変えながらトレーニングしています。

  • ラットプルダウン(PC作業が多く姿勢を維持するのに有効)
  • ベンチプレス(胸筋欲しくて)
  • デッドリフト(こちらも体幹)
  • バーベルスクワット(これも姿勢維持する体幹を鍛えるため)
  • ダンベルカール(腕太くしたい)
  • ヒップアダクタション(姿勢維持に効果的)

これらを曜日や筋肉痛の度合いによって、その日のメニューを変えます。
妻のメニューは違いますが、体調によって重量や回数、内容を変えるのは同じ。

「今日は結構頑張ってたね」「今日は2セットで終わりにしようかな」など自然に体調を気遣う会話に繋がるのです。

朝の時間に余裕が生まれる

朝の時間にギリギリまで寝て、シャワーを浴びて、朝食をとらずに慌ただしく支度して出勤。
そんな余裕のない生活を送っていませんか?

私たち夫婦もジムに通うようになる前はそんな感じでした。
朝にジムを通うことに決めたときも、「もっと朝が忙しくなりそうだなぁ」と思っていました。

しかし、むしろ逆でした。時間の余裕が生まれたんです。

なぜか?

簡単に言うと、「起きてから出勤までの準備を早め早めにせざるを得なくなったから」です。

私たちの朝の流れは以下のような流れになっています。

  1. 6:30起床
  2. 洗顔、歯磨き、ジムに行くための着替え
  3. BCAAを作り歩いてジムへ
  4. ジムで20〜30分間トレーニング
  5. 帰宅後プロテインを作って飲む
  6. シャワーを浴びる
  7. 着替えて出勤の準備
  8. 家を出る

ポイントは夫婦2人で足並みをそろえてやる必要があるため、急ごうと思ってもできないということです。「起きる」「着替える」「歩く」「交互にシャワーを浴びる」「プロテインを作る」・・・と意外とやることが多く、かつ相手のペースを考えながら動くことになるため、余裕を持って進めることになります。

つまり、慌てて動くことが不可能なのです。

結果的に朝の時間に余裕が生まれました。
意外かもしれませんが出勤前に2人で何かやると、余裕が生まれるんです。

ぜひ試してみてください。

まとめ

夫婦で朝ジム通いをすると、ダイエット効果だけではない意外な効果があることがわかったのでまとめてみた記事でした。

  • 普段と違う会話をするようになり、夫婦関係が豊かになる
  • お互いの体調の変化に気づけるようになる
  • 朝の慌ただしい生活から、余裕のある生活に変わる

夫婦でのライフスタイルをちょっと見直してみたい方は、ぜひ朝ジムを試してみてください。

以上!アザラスでした。

Copyright© AZALOG , 2021 All Rights Reserved.